佐伯信平・画 青粒花詰・白粒花詰ペア

椿や牡丹などの四季折々の花を描いた彩りも豊かな花詰と、黒地に青で点を丁寧に一つずつ打ち仕上げる青粒、白地の白粒。
そんな対照的とも思えるような2つの柄が織りなす、華麗さと重厚感が共存した美しいデザインです。花詰、青粒のどちらも繊細な画風の為、高度な技術が要求されますが、熟練の九谷焼作家・佐伯信平氏によりステムの微細な部分にまで至る描きこみには思わず息を呑んでしまいます。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
【360年の時の流れを五感で感じる至福の瞬間】
1655年頃、加賀藩(現石川県)の分家である大聖寺藩によって窯が興され始まった色絵磁器の九谷焼。その伝統は先人達の創意と弛まぬ努力により現代まで脈々と受け継がれてまいりました。その九谷焼の開窯360周年を記念して、鏑木ワイングラスのプレミアムモデルを限定販売させていただきます。今回特別にオーストリアの老舗グラスメーカーであるリーデル社のご協力をいただき、西洋と東洋の伝統を融合させた豪華で華麗なワイングラスとなっております。どうかこのグラスを手に取り、五感で悠久の時の流れを体感して下さい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 
【ご注意】

※商品1点ずつ職人による手作りのためイメージ写真と模様位置やサイズに微妙な差異がございます。
※金、銀を使った製品を電子レンジ、オーブンに使用しないでください。表面の汚れや破損の原因となるほか、スパークをおこします。


作家・窯の紹介

佐伯信平

伝統工芸士 佐伯信平

大正時代を代表する立体画風である青粒の名工・林伊平氏のもとで修行を経た後に独立。花詰や金盛など、極彩密画に本金をあしらった各手法を取得し、伝統を守りながらも、芸術性新たな意匠を目指し活躍する。

佐伯信平・画 青粒花詰・白粒花詰ペア

アロマを開かせる大きなボウルと、フレアした縁が特徴。舌先に導かれたワインは酸と調和し、果実味を最大限に発揮。ブルゴーニュ、バローロ、バルバレスコなどの「偉大なワイン」の真髄が存分に堪能できるグラスです。

  • サイズ高さ240mm×径90mm
  • 容量約1050ml
  • 納期3日以内に発送

価格 : 194,400円 (税込)

数量 :

商品情報

絵柄 脚部分模様:佐伯信平・画 青粒花詰・白粒花詰 グラス:クリア
作家・窯佐伯信平
素材脚部分 : 磁器、グラス:バリウムクリスタル(リーデル社製)
ご注意事項・すべて手作りのため、一点一点模様やサイズに微妙ながあります。
・お客様のモニター環境により商品の色味が違う場合がございます。
・磁器部分に貫入が見られる場合がありますが、異常ではありません。
・食器洗い機、電子レンジのご使用はお避けください。


グラスが割れたり欠けたりしたときに、グラス部分だけを新しいものに付け替えるサービスを行っております。

メンテナンス詳細はこちら


品物は全て専用化粧箱にお入れいたします。贈り物にも自分用にも、真心のこもった丁寧な包装でお届けします。

ギフト包装詳細はこちら

クリックで拡大