佐伯信平・画 上花詰

明治末期から大正にかけて九谷焼で生みだされた、花詰。
 
花々が敷き詰められたような柄は華やかで、浪漫あふれる時代の雰囲気を残しているかのようです。
 
そんな歴史ある花詰を、伝統工芸士である九谷焼作家の佐伯信平氏が洗練された技術で描きあげました。金の線で緻密に縁どられた色とりどりの鮮やかな小花が、花詰の特徴である華麗さとモダンですっきりとした趣きを兼ね備えたデザインです。
 

【ご注意】

※商品1点ずつ職人による手作りのためイメージ写真と模様位置やサイズに微妙な差異がございます。


作家・窯の紹介

佐伯信平

伝統工芸士 佐伯信平

大正時代を代表する立体画風である青粒の名工・林伊平氏のもとで修行を経た後に独立。花詰や金盛など、極彩密画に本金をあしらった各手法を取得し、伝統を守りながらも、芸術性新たな意匠を目指し活躍する。

  • サイズ
  • 容量
  • 納期
在庫切れ

  • サイズ
  • 容量
  • 納期
在庫切れ

  • サイズ
  • 容量
  • 納期
在庫切れ

  • サイズ
  • 容量
  • 納期
在庫切れ

  • サイズ
  • 容量
  • 納期
在庫切れ

  • サイズ
  • 容量
  • 納期
在庫切れ

商品情報

商品種別ワイングラス
絵柄脚部分模様:佐伯信平・画 上花詰、グラス:クリア
作家・窯佐伯信平
素材脚部分 : 磁器、グラス:バリウムクリスタル(シュピゲラウ社製)
ご注意事項・すべて手作りのため、一点一点模様やサイズに微妙な差異があります。
・お客様のモニター環境により商品の色味が違う場合がございます。
・磁器部分に貫入が見られる場合がありますが、異常ではありません。
・食器洗い機、電子レンジのご使用はお避けください。


グラスが割れたり欠けたりしたときに、グラス部分だけを新しいものに付け替えるサービスを行っております。

メンテナンス詳細はこちら


品物は全て専用化粧箱にお入れいたします。贈り物にも自分用にも、真心のこもった丁寧な包装でお届けします。

ギフト包装詳細はこちら

クリックで拡大