仲田錦玉氏のご紹介

九谷焼の代表的な画風の一つである盛金青粒画風があります。文様の部分を特殊な赤絵具で盛上げ、その上に金泥を載せていく盛金技法です。イッチンを用い青絵具を落とし描いていく青粒技法。二つの技法が融合した世界観です。三代にわたりこの画風を継承し日々精進を続けておられます。

陶歴

昭和21年 初代錦玉が石川県小松市にて開窯
皇太子殿下、妃殿下金沢ご来訪の折に両殿下使用の茶器を製作する
昭和60年 中田信之、2代錦玉を襲名
昭和63年 九谷焼技法最高賞
平成6年 伝統工芸士認定
平成9年 国際色絵陶磁器展 入選、日本伝統工芸展 初入選
平成13年 日本伝統工芸展 入選、日本工芸会正会員認定
平成20年 アメリカ、ニューヨーク日本クラブにて個展開催
平成25年 中田勝彦、3代錦玉を襲名
平成26年 伝統九谷焼工芸展 入選
平成28年 伝統工芸士認定

商品の価格帯
(全て税込)

〜10,000円の一覧

商品の価格帯
(全て税込)