高 明氏のご紹介

伝統を更に現代調の表現、確率という意欲をかきたてるため、上絵のなかに陶工の心を感じて創作を心がけているそうです。金彩の持つ豪華さと繊細と精緻さから来る上品さが上手に組み合わされた作品は海外からも高い評価を得ておられます。

陶歴

昭和62年 日本工芸会正会員 認定
昭和63年 一水会々員 認定
平成5年 米国ワシントンスミソニヤン財団サックラ美術館に作品が永久保存される
平成6年 通産省より日本伝統工芸士に認定される
平成7年 タシケント美術館に作品が永久保存される
平成17年 秋の叙勲 瑞宝単光章 受賞、日本伝統工芸士作品展 特賞 受賞
平成25年 伊勢神宮歌会始の御題作品に選定され奉献
  朝日陶芸展や一水会陶芸展にて最高賞、特別賞を受賞。
石川県現代美術展、中日国際陶芸展、九谷焼伝統工芸展、日本伝統工芸展に入選。

商品の価格帯
(全て税込)

20,001円〜30,000円の一覧

30,001円〜40,000円の一覧

40,001円〜50,000円の一覧

50,001円〜の一覧

商品の価格帯
(全て税込)