高 聡文氏のご紹介

健やかに大らかに自然に溶け込み、土を媒介として自分自身も虚無の世界へと溶け込ませることを精神として創作している作家です。九谷光崖窯三代目 として活躍し、代々の金襴手(金を使う絵付け)の技法を伝承しておられます。

陶歴

昭和62年 日本新工芸展・日展 初出品初入選   
平成7年 現代美術展 北国賞受賞
平成15年 日本新工芸展 審査員
平成17年 第六十七回 一水会陶芸部初出品 硲記念賞受賞
平成19年・20年 第六十七回 一水会陶芸部展 佳作賞受賞
平成22年 日本伝統工芸展 入選
平成27年 ウィーン、広州、ドバイにて個展開催
 
日本橋三越、銀座和光にて個展開催

商品の価格帯
(全て税込)

〜10,000円の一覧

商品の価格帯
(全て税込)