加賀雅人窯  谷敷正人氏のご紹介

文化勲章二代浅蔵五十吉先生に師事して学びました。日本文化の柱である琳派や中世を見据え、茶道、能楽、文学を基盤にした叙情の世界を展開してゆく創作を目指しています。日本工芸会正会員に推挙され、伝統工芸の向上発展に貢献されております。

陶歴

昭和30年 石川県小松市に生まれる
昭和50年 芸術院会員文化勲章受賞者 陶芸家浅蔵五十吉先生に師事、十年後独立
昭和54年 現代美術展初入選、以後連続入選、委嘱 日本現代工芸展初入選、以後連続入選、本会員
昭和55年 日展初入選、以後連続入選、日展会友
平成3年 伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞「金銀彩蓋器」その他受賞12回
平成19年 「金銀彩蓋器」小松市収蔵その他買上げ寄贈5点
平成22年 日本伝統工芸展初入選
平成26年 日本工芸会正会員に推挙される
  石川県庁議会庁舎陶板制作 北陸新幹線開業記念の陶板を作成 東京、大阪、金沢などで個展多数 日本工芸会正会員  川端康成学会会員

商品の価格帯
(全て税込)

10,001円〜20,000円の一覧

20,001円〜30,000円の一覧

50,001円〜の一覧

商品の価格帯
(全て税込)